健康ってお金かからない

健康ってお金がかからなくて良いですよね。

よくお年寄りの方が年をとると健康でいる事がありがたいと言いますが、本当にその通りだと最近思うようになってきました。
ずっと別の人生の人達の感想だと思っていたのですが、共感するようになるなんて年取ったんですねえ。

若い頃は健康だと自由に遊びに行けるので良いと思っていました。
夏の海も冬のスキーも健康な体でないと楽しめません。
お腹が弱かったので、旅行の誘いや何やら断ってしまい、経験することなく終わったのがもったいないと思いました。

せっかくスキーに誘ったのに、断るなんて。

いつかスキーできないってバカにされるよ、とその時言われましたが、本当にそうかも知れないなと数十年たってから思っていたりします。
ちなみに当時簡単なイラストを描く仕事に就いていたため、まだコピー機のの性能が良くないその頃の不明瞭な資料から、
スキーの滑り方のイラストを起こしていました。

冬山は曇っていて写真の写りが悪いうえ、コピーの又コピーの様な資料写真を元に描くのは大変だったですが、
スキーをしたことがないのに、上手いと褒められていました。

そのことがせめてもの慰めです。

健康だと、病院や薬など本来使わなくて良い所にお金がかからないのが良いですね。
仕事しに躊躇なく外出ができるのも良いと思っています。

でも、今では健康だとまず、お金がかからずに済む、と思うのです。

梅雨どきの健康対策について

梅雨どきに健康面で一番気になるのは食中毒ではないでしょうか。ノロウイルスなどのニュースをよく耳にするようになってきました。この季節は様々な要因によって健康被害を生じるので注意が必要な季節なのです。
梅雨どきが不快なのは、湿気が多くなるためです。気温が25度以上で、湿度が高くなると、蒸し暑い感じが強くなって、精神的にも気分がすぐれなくなってきます。

ゼンソク、神経痛、リウマチなどの持病を持つ人は、この時期に発病したりします。また、雨で衣服がぬれると、風邪をひきやすくなります。

この梅雨どきを健康に過ごすには、体操などでからだを動かす。下着はつねに清潔なものをつけるようにします。室内の湿気をとるためにも通気をよくするといった点を心がけるようにします。

梅雨どきは食中毒の多くなる季節でもあります。湿気が多くなると、病原菌をはじめ、細菌が繁殖しやすくなり、そのために食物の腐敗が早くなります。それが食中毒の原因となるのです。

食中毒の原因食品としていちばん多いものは、魚貝類とその加工食品なのです。ですから、この季節には魚貝類の生ものはできるだけ避けるようにします。食べるのならば新しいうちに調理して、なるべく残さないようにします。

健康のことを最初から考え直しました

健康とはなにか、という根本的なことから考えてみました。当たり前のことですが、健康とは病気でない状態であるという答えが浮かびました。病気があれば健康とはいえませんから、一面的には正しいのですが、病気がなければ完全に健康だとは言い切れないようです。

私たちは毎日なんらかの仕事を持って働いているのですが、この仕事がじゅうぶんにできないようなあるとき、たとえば、仕事をしてもすぐに疲れてしまって最後まで続かないとか、いつも身体がだるくて気分がすっきりとしないとか、というようなことがあれば、これは厳密には、健康な状態ではないと思います。

また、たえずくよくよしていたり、不平不満を持っていたり、心配事で悩んでいたり、というように、精神的に不安定な状態であれば、これも広い意味では、健康とはいえないでしょう。

定年になったからといって仕事は可能であるなら、いっぺんに全部やめてしまうことはやめましょう。

町会のことなどの行事や仕事を進んでやっていき、人のお世話をすることも刺激になりいいことです。このようにして積極的に社会と関わっていくことで健康をできるだけ維持していくことが大切なのではないかという考えに至りました。

冷え性は「貧乳」のもとです「天敵」です

慢性的な「冷え性」で血液やリンパの流れがと滞っていると胸自体にストレスを感じ、女性ホルモンが分泌させる指令が上手くできなくなってしまいます。そうするとホルモン分泌のバランスが崩れてしまい、バストアップのための成長も妨げられてしまいます(これによって、冷え性は「貧乳のもと」となってしまったのです)。

女性ホルモンを整え、バストに必要な栄養をシッカリと行き渡せるためにも、体の巡りを良くして冷え性を改善するようにします。

体温は1℃下がると、「基礎代謝12%」「免疫力30%」ダウンすると言われてます。体温が36°未満の人は、”低体温”となり太りやすく痩せにくい体になってしまうそうです。ストレスや疲労によるダメージも強くなり、体調を崩しやすくなったり肌荒れやジンマシンなども起きてしまいます。そして健康や美容にも影響し、バストアップのの成長にも悪影響を及ぼしてしまいます。

女性ホルモンは、女らしいセクシーな体系を作ったり胸のふくらみを立体的にして、バストアップに重要な役割を果たしています。体温を平熱に保って体の巡りを良くし、「天敵」である冷え性を改善していきます。バストアップのためには、血行促進も大切なことです。夜はお風呂に入って体を温めて、それから眠るようにしたほうがいいそうです。朝風呂だけでなく、夜も軽くお風呂に入って質の良い睡眠をとることが一番いいそうです。

そんな私が使ってるバストアップサプリ⇒マシュマロヴィーナス

健康に老いていく為に


生きていれば、年を重ねていくのは当然のことですが、努力次第で、美しく健康に老いていくことができると思います。人生の円熟期ともいうべき老年期を、心豊かに健康に過ごすにはというテーマで、実践していることを紹介します。

わたしの血圧は、上が131で下が84で、どちらかというと低血圧型です。しかし、忙しかったり心配ごとがあると、たちまち60くらい数字がはね上がります。こういう例は若い方にも見られますが、とくに60になって、怒ったり、気をもんだり、ひどく緊張したり、急いだりすると顕著にあらわれます。

これを老人性ストレス高血圧といい、ふだん血圧が低いからといって、安心はできないのです。
これは日常、自分で自分をコントロールするようにしないといけません。

わたしは、毎朝ラジオ体操をやっています。NHKのラジオでやっています。体操直後に血圧を測ると、毎回190くらいまで血圧は上がっています。それだけ、負荷と緊張をかけているということです。しかし、仕事が終わり、同僚とお疲れさまと1杯飲み終わる頃には、血圧は、140くらいまで下がっています。さらに家に帰ってから1杯飲んでぐっすりと眠れば、翌日には疲れがとれて、いつもの状態に戻ります。