慢性的な「冷え性」で血液やリンパの流れがと滞っていると胸自体にストレスを感じ、女性ホルモンが分泌させる指令が上手くできなくなってしまいます。そうするとホルモン分泌のバランスが崩れてしまい、バストアップのための成長も妨げられてしまいます(これによって、冷え性は「貧乳のもと」となってしまったのです)。

女性ホルモンを整え、バストに必要な栄養をシッカリと行き渡せるためにも、体の巡りを良くして冷え性を改善するようにします。

体温は1℃下がると、「基礎代謝12%」「免疫力30%」ダウンすると言われてます。体温が36°未満の人は、”低体温”となり太りやすく痩せにくい体になってしまうそうです。ストレスや疲労によるダメージも強くなり、体調を崩しやすくなったり肌荒れやジンマシンなども起きてしまいます。そして健康や美容にも影響し、バストアップのの成長にも悪影響を及ぼしてしまいます。

女性ホルモンは、女らしいセクシーな体系を作ったり胸のふくらみを立体的にして、バストアップに重要な役割を果たしています。体温を平熱に保って体の巡りを良くし、「天敵」である冷え性を改善していきます。バストアップのためには、血行促進も大切なことです。夜はお風呂に入って体を温めて、それから眠るようにしたほうがいいそうです。朝風呂だけでなく、夜も軽くお風呂に入って質の良い睡眠をとることが一番いいそうです。

そんな私が使ってるバストアップサプリ⇒マシュマロヴィーナス

Leave a reply